婚約がもたらす効果

指輪婚約は、一生涯変わらぬ愛を誓うものです。ほとんどの場合は、結婚という人生の一大イベントを迎えるわけですが、ただ中には途中で心変わりをして、婚約を破棄するケースも出てきます。こういった場合、婚約自体には法的な規定がないため、結婚を強制することはできないのです。ただ、婚約破棄には損害賠償という問題も発生します。このサイトでは婚約の効果について説明します。

婚約したからといって、全てのカップルが結婚するわけではありません。何らかの原因で、婚約が解消されたり破棄されたりすることがあります。結婚は2人にその意思があることが前提となりますが、婚約破棄した場合は、どちらかにその意思がなくなったことになります。そして、その原因に正当性があるのかどうかによって、婚約の効果に違いが表れるのです。正当性がある場合は、問題となるものは結婚するに当たってかかった費用です。結婚式場のキャンセル料や新居の準備資金などがそれに当たります。結婚は双方の問題ですので、こうした費用は折半が望ましいのですが、実際はそうならないケースが多いです。

また、正当性がない場合に問題となるのが、慰謝料でしょう。つまり精神的な損害に対しての賠償金です。精神的なものですから、これは人それぞれです。金額もその度合いによって大きく変わってきますから、一概に相場はないものとして考えてください。ともあれ、全てを乗り越え、幸せな結婚を迎えるのが一番好ましいのです。

Pocket